お金をいっぱい稼ぎたい!種類別の稼げる仕事ランキングを紹介!

お金をいっぱい稼ぎたい!種類別の稼げる仕事ランキングを紹介!アルバイト

せっかく仕事するなら、より多くのお金を稼げる仕事の方が魅力を感じますよね。

高給で安定して稼げる仕事、高収入なアルバイトなど意外とたくさんあるんですよ。

そこで今回は 種類別に稼げる仕事ランキングを紹介していきたいと思います!

  • 安定して稼げる!高収入職業ランキングTOP10
  • マニアックな高収入職業10選
  • アルバイトでも稼げる職業11選

上記3つの内容で紹介していくので、稼げる仕事に転職したいと考えている人もぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

日本人の平均年収は?

稼げる仕事かどうかを判断するためには、まずは日本の平均年収を知っておかなければなりません。

転職サイト「DODA」の調査によると、20~59歳の日本人の平均年収は418万なんだとか。

日本人の平均年収は2008年頃から年々下がっていているそうです。

もちろん平均年収は年代によっても異なるため、20代では平均年収が400万円を下回るのが実情となっており、地域や職種によっても年収に差があります。

年代平均年収
20代346万円
30代455万円
40代541万円
50代661万円
出典:doda.jp

高収入の職業の特徴

高収入な仕事の特徴①
士業

稼げる仕事の代表的なものは、士業と言われる職業。

弁護士や公認会計士のように語尾に「士」が付く職業を「しぎょう」「さむらいぎょう」と呼びます。

士業はどれも難関資格が必要になるため、人気が高い反面、難易度が高い仕事としても有名です。

高収入な仕事の特徴②
センスが要る仕事

磨かれた感性を武器にできる仕事も稼げる仕事と言われています。

デザイナーやカメラマン、漫画家などがまさにセンスが必要な仕事です。

士業とは違って資格不要の仕事が多いのが特徴で、年齢や学歴にもあまり左右されないでしょう。

高収入な仕事の特徴③
フルコミッションの仕事

不動産や保険の営業職に多く見られるフルコミッション。
完全歩合制とも言われる報酬体系なので、成果に応じて給料が増減するという特徴があります。

リスクはある反面、仕事がうまくいった時の収入は青天井そのものです。
そのため、20代で年収1,000万円を超える人も珍しくありません。

高収入な仕事の特徴④
花形職業

医師や公務員、パイロットなど、女性から高人気を得られる花形職業も稼げる仕事の特徴です。

このような花形職業は、どれも資格合格が必須で、学歴によってふるい落とされることもあります。

思い立ってすぐに目指すことができないというのは花形職業の難点になるでしょう。

安定して稼げる!高収入職業ランキングTOP10

高収入職業ランキング第1位
「パイロット」平均年収 1,530万円

国内で最も稼げる仕事と言われているのがパイロットです。
もちろんその門戸はかなり狭く、倍率が200倍以上と言われることもあります。
いざパイロットになることができれば収入は勤続年数ごとに上がっていくため、機長クラスにもなれば年収2,000万円以上も狙えるんだとか。

高収入職業ランキング第2位
「医師」平均年収 1,098万円

稼げる仕事としてドラマなどの題材にも使われることが多い職業ですね。
同じ医師でも開業医なのか、勤務医なのかでも収入に差があり、開業医の方がより稼げる仕事と言われています。

高収入職業ランキング第3位
「弁護士」平均年収 1,094万円

日本で1番有名な難関試験である司法試験に合格しなければ弁護士になることはできません。
しかし、弁護士になれば実力次第で数千万円稼ぎだすこともできると言われています。
ただし、法科大学院に進学したからと言って誰でも弁護士になれるわけではないため、試験に合格せずに諦める人も多いんだとか。

高収入職業ランキング第4位
「大学教授」平均年収 1,086万円

先ほど紹介したように、大学教授の道のりは決して平坦なものではありません。
だからこそ、無事に大学教授になった暁には、日本の平均収入の倍以上の収入を得ることができるんですね。

高収入職業ランキング第5位
「大学准教授」平均年収 857万円

学校教育法で“専攻分野について教育上、研究上、または実務上のすぐれた知識、能力、および実績を有する者”と規定されているのが大学准教授。
准教授や助教授の立場で良い結果を出し、発展に貢献していると判断されると教授に昇進することができます。
とは言え、准教授の立場も高い専門性が求められるので、収入も高く、十分に稼げる仕事と言えるでしょう。

高収入職業ランキング第6位
「記者」平均年収 823万円

最も稼げると言われているのは大手放送記者で、30代後半で年収1500万円突破するんだとか。
大手新聞記者や出版社の記者も稼げる仕事と言われていて、30代は800~1,000万円代が相場と言われています。
もちろん企業の規模によって千差万別ですが、志望者も多く、やりがいのある仕事としても注目を集めています。

高収入職業ランキング第7位
「大学講師」平均年収 739万円

大学教授になるためにはオーバードクターや助手、大学講師を経験しなければなりません。
オーバードクター時代は特に大変で、理系の場合は教授の研究費から給料が支払われるケースも多いようですが、文系の場合、中にはバイトで食いつないでいる人もいるんだとか。

高収入職業ランキング第8位
「公認会計士」平均年収 717万円

弁護士や不動産鑑定士に並び、国内の「三大難関資格」と呼ばれることが多い公認会計士。
実際に公認会計士になると年収2,000万を超える人もいるんだとか。
税理士と混同されがちな職業ですが、収入に関してもトップクラスの稼げる仕事と言えるでしょう。

高収入職業ランキング第9位
「税理士」平均年収 717万円

税理士は財務諸表などを作成して、適切なアドバイスを行う仕事です。
一般の人にアドバイスをすることもあれば、企業からの相談を受ける場合もあります。
税理士になるためには五科目合格が条件になりますが、これは同時に受からなくてもいいので、1つずつクリアを狙っていくのが正攻法になるでしょう。

高収入職業ランキング第10位
「不動産鑑定士」平均年収 711万円

不動産鑑定士は、建物や土地などの不動産を法律に基づき評価する仕事です。
主要業務は地域の環境や諸条件を考慮して不動産の有効利用を判断したり、適正な地価を判断するというものになります。

マニアックな高収入職業10選

マニアックな高収入職業①
一級建築士

建築士は国家資格を取得した人しか就くことができないため、専門性の高い稼げる仕事です。

中でも一級建築士の収入は高めで、大手不動産会社だと年収500~800万円になるんだとか。

有名な建築士になればそれだけ報酬もアップするので、やりがいも感じやすい仕事になるでしょう。

マニアックな高収入職業②
メディア系の仕事

中でもテレビプロデューサーの平均年収は1,000~1,300万円と高め。
プロデューサーになるには、放送局に就職してからADとディレクターを10年以上経験しなければなりません。
番組制作はこれまでの経験が発揮される仕事で、ある程度の経験と実力が必要になるので年収も高くなっているんですね。

マニアックな高収入職業③
馬の調教師

調教師は自分が管理している馬をレースに出走させたり、管理している馬がレースで勝利すること、馬主から支払われる馬の管理代から収入を得ることになります。

実際にJRAに所属している調教師の平均年収は1,200万円といわれていますが、その業界で有名になれば年収もその数倍になるんだとか。

しかし、その分自分が関わっている馬や人に対して重い責任を背負うことになります。

マニアックな高収入職業④
ひな鑑定士

孵化したひよこの性別を瞬時に判別するのが初生ひな鑑定士の仕事です。

国家資格が必要な仕事で難易度も高く、毎年の合格者はごくわずかなんだとか。
平均年収は、雇われ弁護士の平均年収と同じ600万円です。

マニアックな高収入職業⑤
電車の運転士

運転士は勤務時間が不規則なので、その分福利厚生制度が整っている傾向にあるようです。

特にJR各社や大手私鉄のような規模が大きい会社ほど制度がしっかりしています。

平均年収は30代で600万円前後、地方の私鉄でも400万円前後と言われています。

マニアックな高収入職業⑥
フードスタイリスト

テレビや雑誌、広告の撮影など、さまざまなメディアで視覚的な食の演出能力を発揮するのがフードスタイリストの仕事です。

時には食品メーカーやコンビニ、レストランなどで新商品開発のアドバイザーを務めることもあります。
平均年収は1,000万円を超える人も多いんだとか。

マニアックな高収入職業⑦
レースエンジニア

レーシングカーのピットインをサポートするのがレースエンジニアの仕事です。
作業範囲はマシンの設計からデザイン、調整まで幅広く、たくさんの種類の仕事があります。
整備士や設計者など、レースカーに関わる人たちを取りまとめるのも仕事の1つなので、平均年収は1,500万円以上と言われています。

マニアックな高収入職業⑧
ソフトウェアアーキテクト

ソフトウェア開発のプロジェクト全体をマネージメントするのがソフトウェアアーキテクトです。
スケジュールやコスト管理もこなし、専門知識はもちろんのこと、プロジェクトをまとめるリーダーシップも必要なため、平均収入も1,500万円と高めになっています。

マニアックな高収入職業⑨
爆発物処理班

主に爆発物を使った犯罪に投入される班で、爆弾の搬送や撤去、不審物の確認などを行います。

海外での年収は15万ドル(1,800万円ほど)と言われていて、日本では機動隊の上に行けばボーナスを含め、かなりの年収になることもあるんだとか。

マニアックな高収入職業⑩
ホワイトハッカー

ハッカーの中でも、その高い技術知識を悪用せず、良い目的のみに利用する人のことをホワイトハッカーと言います。

サイバー攻撃対策として重宝されるため、年収1,000万円は下らないとのこと。

アルバイトでも稼げる職業11選

アルバイトでも稼げる職業①
家庭教師

平均時給も2,000円と高く、高学歴で大学受験指導ができるとなれば時給4,000円になることも。

バイト代以外にも謝礼がもらえたり、夕飯が出たり、訪問する家庭によって待遇が変わる傾向にあります。

アルバイトでも稼げる職業②
パチンコ店員

時給1,300円くらいからスタートして、半年後には時給1,800円ほどになることも。
しかし、実際にパチンコ屋で半年以上バイトを続ける人は少ないんだとか。

客層やホールの環境、社員のモラルが低く、すぐにバイトを辞めてしまう人が多いため、時給が高くなっているようです。

アルバイトでも稼げる職業③
引越しスタッフ

日給15,000円くらいが目安と言われていて、時給に換算すると1,875円と高時給。

日払いであることも多いですが、仕事内容は力仕事なのでそれなりの体力は必要になります。

バイトしながら筋肉を鍛えたいという人にはぴったりの仕事になりそうですね。

アルバイトでも稼げる職業④
コンビニ(深夜帯)

時給1,200~1,400円くらいが相場です。
夜10時~翌朝5時までの深夜帯は割増手当がつくため、時給25%アップ。

特に都心のコンビニの深夜帯は人手不足でかなり時給が高くなっているので狙い目です。

アルバイトでも稼げる職業⑤
フロアレディ

いわゆる水商売系で、キャバクラやガールズバーでの接客業になります。
時給が高いお店はノルマがあったりしますが、時給は2,500~6,000円とかなり稼げるアルバイトです。

ただし、女の子同士の競争があったり、呼び込みのために営業メールをしたりとそれなりの努力が必要なため、決して楽に稼げるというわけではないようです。

アルバイトでも稼げる職業⑥
キャンペーンガール

イベントコンパニオンとして、展示会で販促物を配るのが仕事です。

華やかに見える仕事ですが、1日中立ちっぱなしであったり、たくさんの人から注目されているので気が抜けず、神経を使う仕事です。

体力も必要になるため、時給も1,500円前後と高めの傾向にあります。

アルバイトでも稼げる職業⑦
コールセンター

時給1,300~1,700円ぐらいが目安です。
スキルや習熟度が高いと割とすぐに時給が上がるため、モチベーションも上がりやすい仕事になるでしょう。

服装や髪形の自由度が高く、見た目に左右されることなく働ける反面、発信業務は精神的な強さが必要になると言われています。

アルバイトでも稼げる職業⑧
売り子

野球場やサッカー場でビール樽を背負い、売り歩くバイトです。
時給+歩合給があるためやる気があればそれだけ稼ぐことができるでしょう。

イベント好きの人は楽しみながらお金を稼ぐことができそうですね。

アルバイトでも稼げる職業⑨
神社の巫女ふじょさん

時給は神社によってかなり差がありますが、2,000円前後が相場のようです。

しかし、お正月になると忙しくなるため時給もアップになりますし、場合によっては寸志をいただけることもあるんだとか。

アルバイトでも稼げる職業⑩
家電量販店のスタッフ

時給相場1,500~1,800円と、接客業の中では稼げるアルバイトと言われています。

また、週末だけの勤務や、忙しい時期だけの短期アルバイトなど、いろいろな形態で働けるのも特徴です。

そのため、新生活のための準備期間や、ボーナス時期の繁忙期に短期間でアルバイトする人も多いようです。

アルバイトでも稼げる職業⑪
塾講師

時給は所属する塾によっても変わりますが、相場は2,000~5,000円と高時給。

生徒から人気がでたり、担当する授業の生徒数が多ければさらに時給はアップします。

コミュニケーション能力が問われるアルバイトなので、就活の面接の際に“塾講師をしていた”という経験がアピールポイントになるようです。

おわりに

今回は、種類別の稼げる仕事ランキングを紹介してきました!

こうして種類別で見ていくと、稼げる仕事にも本当にたくさんの種類があることがおわかりいただけたかと思います。

お金を一杯稼ぎたい!と考えている人は、今回紹介した稼げる仕事もぜひ参考にしてみてくださいね♪